MRとSRって何?AR/VRとの違い・話題の技術・開発環境も紹介!

ARやVRは多くの人が知っている技術ですが、MRやSRといった言葉も存在します。ARやVRの上位の概念であるMRと脳の錯覚を利用したSRについてそれぞれ理解していきましょう。

今回はそれらの言葉の違いや、最近話題の技術・AR/VR/MRの開発環境などについて紹介していきます。

また、AR/VR/MRの開発にはUnityが非常におすすめです。

AR/VRさらにMRとSRとは?

ARやVRは誰しも一度は聞いたことあると思いますが、MRやSRについては初めて耳にするという方も多いと思います。早速、それぞれの言葉の違いを見ていきましょう。

あらためて、ARとは?

はじめにARについて紹介します。ARとは「Argumented Reality」の略のことで、「仮想現実」と訳されます。

Augmented Realityの略。ありのままに知覚される情報に、デジタル合成などによって作られた情報を付加し、人間の現実認識を強化する技術のこと。

引用:AR(エー アール)とは – コトバンク

社会現象にもなった「ポケモンGo」やカメラアプリの「SNOW」でもこの技術が用いられています。

出典:Pokémon GO 公式サイト

同じく、VRとは?

VRとは「Virtual Reality」の略で、日本語では「仮想現実」と翻訳されます。

Virtual Reality(バーチャルリアリティー・仮想現実)の略称。コンピューターによって作られた仮想的な世界を、あたかも現実世界のように体感できる技術。

引用:VRとは – コトバンク

VRデバイスとしてはSONYの「PS VR」、SteamでおなじみのValue社とHTC社が共同で開発した「HTC VIVE」、Oculus社の「Oculus」シリーズなどがあります。

 

ARとVRの違い

ARとVRの違いを理解する点で大切なのは、「現実世界」と「仮想世界」の関係です。

ARは、現実世界に仮想世界の”モノ”を拡張する技術のことで、カメラなどを通して知覚します

一方のVRは、現実世界を離れて仮想世界のその場に存在するように体感させる技術のことです。

MRとは?

続いて、MRについて説明していきます。MRとは「Mixed Reality」の略のことで、日本語では「複合現実」と翻訳されます。MRの定義はAR/VRとは異なり、企業や研究者によって厳密な意味は異なるのですが、今回はMicrosoftの掲げるMRについて取り上げます。

出典:Microsoft What is mixed reality?

 

上の図では、左端は現実世界を右端が仮想世界を表します。MRとは「現実世界と仮想世界の隔たりが少なくなった状態」のことです。現実世界を拡張するARと仮想世界を体験できるVRのどちらも包括した、より高次の概念なのです。

こちらはMicrosoftのHoloLensに関する動画で、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を通して見えるホログラムを触って操作する様子が紹介されています。

SRとは?

続いては、SRについて紹介していきます。MRよりも聞きなれない言葉かもしれませんが、SRとは「Substitutional Reality」のことで、日本語では代替現実などと訳されます。

HMDを使用し現実の世界に過去の映像を映し出すことで、まるで目の前でその出来事が起こっているかのように錯覚させることの出来る技術です。脳を錯覚させるという点において、ARやVRとはやや意味合いが異なる概念です。

xRに対する動き

AR/VR/MRをまとめてxRと表しますが、続いてはそのxR業界で反応が大きかった情報を紹介します。

「Magic Leap One」が発売開始

Magic Leapはアメリカのフロリダに本拠地を置く、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)型のウェアラブルMR端末を開発しているスタートアップ企業です。

2010年に設立されGoogleなどから巨額の投資を受けていますが、これまで実際の製品などを公開することなく長らく謎に包まれた企業でした。しかし、2018年8月よりMR開発者向けの「Magic Leap One」の販売が開始されました

価格は「2,295ドル」となっており、競合のMicrosoftのHoloLensが約33万円なのに比べるとだいぶ安くなっています(2018年現在、販売はアメリカ国内のみ)。

また、Microsoftの「HoloLens 2」が年内に発売されるという噂もあり、これからの動きにも注目です。

電気刺激で加速度を体験できるVRゲームが登場!

今年の東京ゲームショウでは、電気刺激を用いて加速度を体験できるゲームが登場し話題になりました。タイトルは「ソード・オブ・ガルガンチュア」で、開発は株式会社よむネコが行なっています。

微弱な電気刺激を用いて加速度を体験させるという技術自体は、2016年にサムスンから発売されたEntrim 4Dで実現されていましたが、いよいよ国内でも実際にその技術が使われたゲームも登場し、今後の開発の幅も広がりそうです。

 

Twitter上にはこのようなコメントもありましたが、ゲームに対する評価は高く、2018年冬の発売で改善することを期待しましょう。

xRの開発であればUnityがおすすめ!

これまでxRについて説明してきましたが、実際に開発を行う場合はUnityがおすすめです。

UnityとxR

UnityはxR開発において、最も使用されている開発プラットフォームです。

上の動画は、Unityが公式に公開しているxR開発者向けのデモ動画です。見ているだけでも非常にワクワクしてきますね。

UnityはAR・VR・MRいずれの開発においても十分なパフォーマンスを発揮してくれます。

多くのxRデバイスに対応!

現在、Unityは下記の7つの主要なxRデバイスに対応しています。

Unity対応xRデバイス
Oculus Rift/Steam VR/Vive/Playstation VR/ Gear VR/Microsoft HoloLens/GoogleのDaydream View

詳しい開発方法

実際の詳しい開発環境や開発手順については今回は省略します。

ですが、Unityを使用したAR・VR開発の方法はこのサイトで今後後悔していく予定ですので、どうかお楽しみにしていてください。

スライド共有サイトであるSlideShareにて、Unityの開発手順をまとめた資料が公開されていたので紹介いたします。

出典:UnityによるAR/VR/MR 開発体験講座

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、ARとVRのさらに上位の概念であるMRや脳の視覚的錯覚を利用したSR、最近話題になった技術・AR/VRなどの開発環境について紹介していきました。

AR/VRさらにはMRの開発も全てUnityで行うことができるので開発環境としてはUnityが非常におすすめです。今後、AR/VR開発などのチュートリアルも公開予定なので是非楽しみにしていてください。