必ず必要?Unity IDを作成しよう!

今回はUnityのアカウントを作成する方法について説明していきます。

それほど時間がかからずにアカウントの作成ができるので、さくっと終わらせてしまいましょう!

Unityの自分のパソコンへのインストールがすでに完了している方は、「②初めてUnityを起動する場合」から読んでください。

Unity IDを作成しよう!

Unityを使用するには、個別のアカウントを作成する必要があります。また、アカウントの作成によって利用できる便利な機能もあります。

それでは、早速アカウントの作成に移っていきましょう!

①Unityの公式ページから作成する場合

まずはこちらからUnityの公式サイトにアクセスします。

サイトにアクセスしたら、右上の人型のアイコンをクリックします。

続いて、「Unity IDを作成する」をクリックしましょう。

下の必要事項を入力しように続きます。

②初めてUnityを起動する場合

初めてUnityを起動する場合は、お手持ちのパソコンからUnityを起動し「create one」をクリックします。

必要事項を入力しよう!

ここまで完了すると、上のような入力画面が表示されます。

次に、必要事項を全て入力しましょう。パスワードを決める際には、以下のルールがあるので注意が必要です。

・最低8文字以上
・最低1文字大文字を入れる
・最低1文字小文字を入れる
・最低1文字数字を入れる

ここまで入力が完了したら、②と③のチェックボックスにチェックを入れます。

上は利用規約とプライバシーポリシーへの同意を表し、下はunityのプロモーションを受けることへの同意を表します。

④の私はロボットではありませんにも忘れずにチェックを入れます。

 

最後に「Create a Unity ID」をクリックします。

続いて、上の画面のようにメールアドレスの認証が求められるので先ほど登録したメールアドレスを確認してください。このページは開いたままにしておきましょう。

このようなメールが届くので開きます。

開いたら上の該当箇所をクリックします。

これでメールアドレスの認証は完了です!

先ほどのページに戻って、「Continue」をクリックします。

これでアカウントの作成は完了になります!

補足

 

気づきにくいのですが、実はアカウント作成のページの下部から言語を選択することができます。

上の画像該当箇所から言語を選択できます。

すると、このように日本語で表示されます。

今後スクリプトなどで英語を目にすることが多くなるので、今回は慣れるという意味であえて日本語化しない方法で説明しました。

また、Unityのホームページに戻って、先ほど作成したアカウントでログインすると上のような画面にアクセスできます。

今回は解説しませんが、ここには様々な便利な機能があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、Unityアカウントの作成について解説しました。

Unityをインストールしたら、このページを参考にさくっとアカウントを作成してゲーム制作に取り掛かりましょう!